FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習報告Ⅰ  ~6/16 6/18の練習

今週の二回の練習も終わりました。みなさん、練習おつかれさまです。
主務で二回生の駒井です。

水曜日、金曜日ともに、「バッハのアレルヤ」と、「聞こえる」の音取り練習をしました。

バッハは相変わらず音が取れたといえるレベルまでは達しませんでしたが、ソプラノ、アルトはほぼキーボードを使わずとも一通り合わせられるレベルまでいっているようです。テナーもそのレベルに近づきつつあるように思っています。ベースはまだ僕とダイシではキーボードなどの助けがないと音が大変なことになります。おそらく来週には合わせ練習で音合わせをするレベルにはできるとは思いますが、、、

聞こえるのほうは、金曜日参加メンバーはどのパートも曲全体の2/3ほどは音取りをひとまずやっています。今日は、水曜日にやった範囲に関してはほとんどの人が音をある程度覚え、ベースなどではキーボードの助けは時々必要なものの、合わせ練習にとりあえず望めるといったレベルにはなっています。来週の水曜日には「音取りを一回は全範囲に対してやった」という段階になると思います。




さて、個人的な完成度に対する感想を述べたいと思います。それに加え、注意すべき点などの再確認をしたいと思います。詳しくは先生にご指導賜るとして、先生練習までに自分たちで少なくとも出来るだけのことはしておきましょう。


まず、バッハについてですが、、、

全パートに共通して Al le lu ja の最後の ja が本来の音符の長さより大幅に短くなってしまう人が多いです。
あと、ベースだけかもしれませんが、特に le のところでは発音的な問題からか、音が低くなってしまいます。
ja は歌い捨てるかのように歌うと汚くなったり音が悪くなるので、丁寧に、大事に、ワレモノを置くような感覚で歌うようにしましょうね。
あとは縦のラインが、ほかのパートとずれやすいので、しっかり確認して歌いましょう。




続いて、聞こえるについて

全パート共通の課題は、やはり斉唱ですよね。音と響きの両方を合わせましょう。
さらに、鼻濁音をしっかり。「が」は思ったよりきつく聞こえますしね。これは、サボテンや心の瞳などでも同じでした。
あとは子音もしっかり発音するようにとのこと。特にカ行は強調するようにと浮村先生から水曜日にアドバイスいただきましたので。
歌詞がラララなどになっていて、ほかのパートと掛け合いになったり、一つの流れを作ったりするフレーズでは自分たちの好きなように歌うのではなく、ほかのパートの歌い方やリズムに耳を傾けて歌うようにしましょう。
まだ音取り段階なので意識するのは難しいですが、クレッシェンドなども意識して歌いましょう。

ソプラノは全体的に高音域では音が思いっきりずれるので、そろえるようにとのことです。もちろん響きもです。
アルトは全体的に音が下がりがちにならないように気を付けましょう。音取り自体は素晴らしいので。
テナーはところどころ音取りが大変な部分があるので、丁寧に、でも焦ることなくやっていきましょう。
ベースは絶対的に音取りが重要です。どの音を自分が外しやすいかを理解して、まめにまめにまめにまめに音取りをしましょう。ベースだけが動くという音が多いので、そこではっきり自己主張しましょう。ただし、自己主張といえど、動き自体はなめらかに。

偉そうに書いて申し訳ないですが、少しでも注意すべきだと意見があったものはこうして共有して、自主練などで役立てていきましょう。それでは、また水曜日、練習がんばりましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

omcglee

Author:omcglee
大阪医科大学グリークラブ
ブログ スペースへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。